虐殺と壮絶な戦争の末、東ティモールがようやく独立したのは2002年のことです。東ティモールの人口の25%の人々が珈琲で生計を立てています。外国資本が独占してきた珈琲産業を、東ティモールの生産者が栽培から収穫・乾燥・脱穀という作業を協力して行っています。農薬、化学肥料は一切使用していません。その珈琲は独特の強い香りがあり、ミルクコーヒーにしてもミルクに負けない苦味と深いコクがあります。アジアでは希少なアラビカ種で、水洗式で作られています。

グリーンアイズ 自然栽培珈琲 東ティモール

¥777価格
  • 200g