• Kiyo

秋明菊一輪 秋を謳う

 二年前にいただいた秋明菊が咲き出しました。暑さで葉を痛めていたのに季節を先取りし

たように先ずピンクが一輪そっと咲きました。白は蕾が堅くてもう少し待ってねといって

いるようです。菊と名が付きますが菊の仲間では無くてアネモネの仲間なのですって。


 花屋で秋明菊をみたとき、その優雅で楚々とした佇まいに心を奪われたことを思い出し

ます。別名を「秋牡丹」「貴船菊」ともいわれ俳句にもよく詠まれる秋の花です。

重苦しい社会情勢にともすれば塞ぎがちになる昨今ですが、季節を読み取り季節を教えて

くれる自然の営み。木楢の枝には沢山のどんぐりが付き、元気よく転がり落ちています。

秋椿は白い「侘び助」撓わに花をつけています。


 にくるまには「蓮根」「里芋」などの根菜類がならび葉野菜は柔らかな膨らみが見て取

れます。「健康の源」は食材の善し悪しで決まります。美味しい野菜をふんだんに取りい

れる毎日の献立を考えるのが私の日課になっています。子育てや仕事で忙しい事情は食を

疎かに考えがちですね。食事の質によって人の性格まで決まってくることを考えて見れば、食べることの重要性がわかるのではないでしょうか?食物アレルギーに悩む人も増えま

した。


 「人は何故病気になるのだろう」アメリカの威信をかけて調査されたマクバガンレポート

を紐解けば答が分かります。日本食こそが理想の食べ物であると。それも元禄以前の日本

食であると。アメリカの医療費が破綻するほどの心臓病、癌などの生活習慣病に対処する

研究のために膨大な時間をかけて調査したレポートは衝撃的だったのです。これにより肉

食をやめて野菜、穀類を中心にした食生活に切り替えたアメリカ人は増えました。日本で

は逆行するように悪食が増え肥満による病気や癌によって命を落とす人が増え続けていま

す。


 家に居る時間がふえた今がチャンス。俎板と包丁、フライパンよりお鍋を出して美味し

い煮物を作ってみましょう。


      註 マクバガンレポート(1977年 アメリカ上院特別栄養委員会報告書)


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示