新物 砂丘らっきょう甘酢漬

​鳥取砂丘が育んだ本場ふるさとの本物の味

鳥取の砂丘畑は、不毛の地と言われるほど植物の栽培には不向きな環境で、夏は陽を遮る場所も無く砂からの照り返しで気温が上昇し、最高60℃くらいになります。このような過酷な環境の中、一球一球丁寧に手作業で植え付けを行い、また収穫時は一球一球丁寧に根と茎を包丁で切り、調整を手作業で行います。

「砂丘らっきょう」の特徴は、特異な環境で栽培されているからこそ、シャキシャキとした食感が生まれます。

IMG_20210625_0003.jpg
IMG_20210625_0007.jpg

お申し込み締切日 : 2021年7月9日(金)
​ 2021年8月20日(金)以降にお届け